イクオスは無添加で安全ですが【妊婦・産後の女性】は注意が必要!

薄毛で悩んでいるのは男性だけではなく、最近では女性でも薄毛で悩んでいる人が増えています。女性の場合は髪の毛に気を使っている人が多いので、薄毛になったら男性以上に悩むのかもしれません。

また女性は男性に比べると薄毛になっている人が周りにあまりいなく、一人で悩んでいる女性が多いかもしれません。

今回、男性の薄毛改善に評判が高いイクオスですが、女性の薄毛改善にも効果があるのか調べてみました。

女性に見られる薄毛の原因は?

男性の薄毛は、多くの場合がAGA(男性型脱毛症)でDHTが脱毛の原因となっています。しかし女性の薄毛は、原因や脱毛の進行の仕方が異なっています。

まずは女性に見られる薄毛の原因について説明していこうと思います。

ホルモンバランスの乱れによる薄毛

女性ホルモン(エストロゲン)には、髪の毛の成長を促す働きがあります。

しかし、加齢やストレスにより女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンが相対的に多くます。

そのためAGA(男性型脱毛症)と同じように、DHTによって薄毛になってしまうのです。

ホルモンバランスが乱れる原因としては、閉経、ストレス、睡眠不足、出産、経口避妊薬の服用などがあります。

頭皮環境の悪化が原因による薄毛

頭皮は加齢、乾燥、過剰な皮脂、パーマ・カラーによるダメージ、細菌、シャンプーの洗い残しなどによりダメージを受けます。

頭皮がダメージを受け炎症し、血管が収縮すると髪の毛の成長に必要な栄養が供給されにくくなります。

また、加齢により毛母細胞の細胞分裂が弱まり、髪の毛の成長が不十分で細く弱い毛が多くなることも、薄毛の原因となります。

生活習慣の乱れが原因による薄毛

過度なダイエットや、喫煙、過度の飲酒、過度のシャンプーなどが薄毛原因となることがあります。

ダイエットによって髪の毛の成長に必要な栄養が不足し、細くて弱い髪の毛となり抜けやすくなり、薄毛になります。

喫煙をすると血管を収縮させ血行が悪くなます。毛根に栄養が届きにくくなり髪の毛の成長を妨げます。

過度の飲酒により肝臓にダメージを与えると、髪の毛の成長に必要なたんぱく質が作られにくくなり薄毛を進行させてしまう恐れがあります。

1日に2度以上シャンプーをすると、頭皮の乾燥を引き起こします。また、髪の毛を洗った後のドライヤーやブラッシングも、頭皮にダメージを与え薄毛の原因となります。

様々な脱毛症が原因による薄毛

牽引性脱毛症は、ポニーテールやエクステによって、髪の毛が長時間引っ張り続けられることで起こる脱毛症です。長時間力がかかることで、頭皮の血行が悪化します。それが原因で生え際や分け目の髪の毛が徐々に薄くなっていきます。

粃穅性脱毛症は、頭皮が乾燥することでフケが大量に発生することがきっかけで起こる脱毛症です。フケが毛穴をふさいでしまい、そこに頭皮の常在菌であるマラセチア菌が繁殖し炎症を引き起こします。

フケで頭皮が痒くなって、それを掻いてしまうとさらに頭皮の炎症を引き起こしてしまいます。フケが大量に発生してしまう原因は、はっきりとはわかっていませんが、過度なシャンプーによる頭皮の乾燥が原因のひとつと考えられています。

イクオスは女性の薄毛にも効果あり?

次は、イクオスははたして女性の薄毛にも効果があるか、について解説していきたいと思います。

5αリダクターゼを抑制する成分を配合

女性の薄毛も男性の薄毛と同様に、DHTが関係していると説明しました。

そのため薄毛を解消するためには、DHTの生成を抑制することが効果的です。

DHTは男性ホルモン(テストステロン)が、5αリダクターゼという酵素が作用することによって変換されます。5αリダクターゼの分泌を抑制することができれば、DHTの生成も抑えることができ、薄毛を改善できるということです。

イクオスには5αリダクターゼの分泌を抑制する、オウゴンエキス、大豆エキス、ビワ葉エキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液が配合されています。

生成されたDHTにも対応する成分を配合

イクオスでDHTの生成を抑えることはできますが、DHTの生成を完全に無くすことはできません。

DHTは毛乳頭細胞にあるアンドロゲンレセプターと結合すると、脱毛因子であるTGF-βが生成されます。イクオスには脱毛因子であるTGF-βの機能を阻害させる成分が含まれています。

TGF-βをブロックする、桑エキス、シャクヤクエキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウエキス、ローマカミツレエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ボタンエキスが配合されています。

さらに、リニューアル後のイクオスにはTGF-βの機能を抑制するAlgas-2が配合されています。

Algas-2はTGF-βの機能を抑制する2つの海藻エキスを濃縮配合した成分です。M-034はAGA治療で使用されているミノキシジルと、同等の発毛促進効果があると言われています。

Algas-2に配合されている、もう1つの成分のペルベチアカナリクラタエキスは、育毛効果が高いと期待される注目の成分です。Algas-2は脱毛を抑えると同時に、育毛促進効果もある成分なのです。

このように、イクオスにはDHTの生成を抑制する成分と、脱毛因子TGF-βの機能を抑制する成分が配合されていて、二段構えで脱毛対策をしています。

毛髪を若々しく保つ成分を配合

脱毛を予防するだけではなく、髪の毛の質を向上させることも大切です。

髪の毛は加齢とともに細く痩せていきます。それを改善し、艶のある若々しい髪の毛にするために7種類のエイジングケア成分が配合されています。

配合されている7種類のエイジングケア成分は、アシタバエキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、セージエキス、バニバナエキス、オドリコソウエキス、サクラ葉抽出液、ローズマリーエキスです。

抗菌・抗炎症作用、抗酸化作用、皮脂の過剰分泌抑制作用、頭皮の細胞の活性化などの効果があります。

低分子ナノ水を使用し浸透力抜群

どんなに優れている育毛剤でも、頭皮への浸透力が弱いと効果を発揮することはできません。イクオスは低分子ナノ水を使用することによって、直接毛包や毛乳頭にイクオスを浸透させることを可能にしています。

イクオスサプリEXも育毛効果抜群

リニューアルされたイクオスサプリEXは、配合成分数も大幅にアップして46種類となりました。これは育毛サプリでも最高クラスの配合数となります。

5αリダクターゼを抑制する、ノコギリヤシや亜鉛、大豆抽出物や、血行を促進させる唐辛子に含まれるカプサイシンやヒハツエキス、フィーパーフューなどの成分が配合されています。

また、人体には必要不可欠だが体内で合成することができない、必須アミノ酸9種類全てが配合されています。

栄養は特定のものだけを多く摂取しても意味が無く、バランスよく摂取することが重要であるという、栄養バランス桶の理論というものがあります。イクオスサプリEXを飲むことによって、不足しているアミノ酸を補い栄養バランスを整えることができます。

女性がイクオスを使っても大丈夫?

イクオスが女性の薄毛にも効果があるということを説明してきましたが、はたして女性がイクオスを使用しても副作用は出ないのか、ということが気になっている人もいると思います。

イクオスは無添加の育毛剤で、頭皮への刺激を抑えています。もちろんイクオスを使用したすべてのひとに副作用は出ない、と言い切ることはできませんが女性がイクオスを使用しても男性と同様に、副作用は極めて出にくいと言うことはできると思います。

しかし、女性は妊娠するという点で男性とは異なっています。妊娠中には普段問題ないことでも、胎児に重大な影響を及ぼすこともあります。

妊婦がイクオスを使用した場合の、副作用について説明していきたいと思います。

妊婦がイクオスを使用しても大丈夫?

妊婦が育毛剤のイクオスを使用しても問題はありません。イクオスの配合成分を見ても、妊婦に影響する危険がありそうな成分はありませんでした。

しかし、イクオスサプリEXに少し気になる成分が配合されています。ノコギリヤシは妊婦には禁忌とまでは言えませんが、控えた方がよいのではないかと思います。

なぜ妊婦はノコギリヤシを摂取するのを控えた方がよいと、考えられるかを説明していきたいと思います。

ノコギリヤシはどのような効果があるの?

ノコギリヤシには5α-リダクターゼの分泌を抑えることによって、DHTの生成を抑制する働きがあります。

またノコギリヤシには前立腺肥大症(BPH)の予防や改善に有効であると言われていますが、これはエビデンスレベルがかなり低いです。

今から数十年前に、ノコギリヤシが前立腺肥大の治療に有効である可能性が報告されましたが、この試験は極めて小規模なものであり、ノコギリヤシが前立腺肥大症に有効と言い切れるレベルにはありませんでした。

それに対し、2009年にはノコギリヤシはプラセボ(偽薬)と同等の効果しかないと結論が出され、2011年には369人のBPH患者にノコギリヤシ果実抽出物とプラセボを投与し比較したところ、BPHの改善は見られなかったと報告されました。

これより、ノコギリヤシはBPH治療に対して効果なし、効果があってもほんの僅かだと考えている医師が大部分です。

妊婦はイクオスサプリEXを飲んだらダメ?

AGA治療に使用されるフィナステリド(商品名プロペシア)も、5α-リダクターゼの分泌をノコギリヤシより強力に抑制する効果があります。

DHTは男性胎児の生殖器の形成に関係するため、妊婦がフィナステリドを摂取してDHTの生成を抑制してしまうと、胎児に奇形が及ぶ可能性があるので摂取してはいけないとされています。

それでは、妊婦がフィナステリドと似たような作用があるとされている、ノコギリヤシを摂取したら胎児に奇形が及ぶ危険があるのかというと、それはわかりません。

注意
しかし、ノコギリヤシは女性ホルモン(エストロゲン)と相互作用を起こすことがあるらしい、という研究結果が発表されています。ノコギリヤシを摂取すると、エストロゲンの分泌量が減少することがあるらしいです。

ノコギリヤシを摂取するとホルモンバランスを乱す可能性があるかもしれない、ということです。

摂取しても危険とは限らないから、摂取しても問題ない!ということにはなりません。摂取しても問題ないかもしれないけど、安全と確証が得られないものは摂取しないにこしたことはないということです。

授乳中の女性も、母乳を通じてノコギリヤシの成分が赤ちゃんに伝わってしまう可能性があるので、イクオスサプリEXは飲まないほうがよいでしょう。

イクオスは女性にも安全ですが・・・

イクオスは女性の薄毛にも効果はあります。女性がイクオスを使用しても副作用の心配もありません。

しかし、イクオスサプリEXはノコギリヤシが配合されているので妊婦や授乳中の女性は、飲まない方がよいでしょう。

妊婦や授乳中の女性で薄毛に悩んでいる人は、育毛剤イクオスだけを使用するようにしましょう。イクオスだけでも、薄毛改善の効果は十分期待できますから。